月下 桜 の 世界



屋久島の旅 -何事にも恵まれましたー

あそびにきてくださってありがとうございます。
きょうは、携帯で撮った屋久島をちょこっとご報告しますね。
それから、クリスマスの楽しい写真も撮ってありましたので、4つ記事をアップしています。
どうぞ、のんびりしていってくださいね。

今回の旅も、何事にも恵まれたすてきな旅をさせていただきました。
燕(夫)が、「25日もお休みとれたから、どこかいく?」と声をかけてくれたのが、確か19日の水曜日かな。
ごく最近に、それまでにもミクシイのご縁で、屋久島の方とお知り合いになることができたり、屋久島いってみたいなーというお話を見て、「行きたいな~」と思ったりしていたことがあったからでしょうか。ほんとうに、ふっと「屋久島いきたい・・・」と言っていたのです。

それから旅行会社のパンフレットをもらってかえってみたものの、なんだかホテルに泊まるのは違う気がして、インターネットでみていたら、素泊まりのお宿を見つけたのです。
パンフレットのオプショナルツアーでいくところも、調べてみると、島のガイドさんが一緒に歩いてくださるコースの案内があって。宿の近くに登山用品のレンタルをしてくださるお店もあるし。。。
早速、そのお宿に電話したら、あっというまに泊まれることがきまりました。
飛行機の手配も、インターネットで調べて、電話で問い合わせると、乗り換えのスムーズな飛行機の便がすぐに予約できました。チケットも丁度大阪に出かける用事があったので、すぐに手に入りました。
そのあとも、レンタカーの予約も、登山用品の予約も拍子抜けするほど格安で、スムーズに済みました。

22日は神戸空港から鹿児島、乗り継ぎをして屋久島に向かいました。
電車も乗り継ぎがスムーズで、すぐつきました。
お天気は、神戸では、「雨風が強いので、鹿児島に引き返すかもしれませんが」といわれるほどでしたが、鹿児島につくと、ものすごいスピードで雲が流れてお天気になりました。
d0079278_21384936.jpg

飛行機から、小さな虹がみえたんですよ~♪
d0079278_2362516.jpg

鹿児島空港に着いたときの空。
d0079278_21415189.jpg

そのあと、あっというまに雲がながれて。。。
お日様の傍をとおる雲たちは、虹色に光って彩雲になって。。。
こんな宝珠みたいな雲もみることができました。
d0079278_21434462.jpg

出発するときには、こんな青空。
プロペラ機でむかいました。
d0079278_2145349.jpg

空港で車を借りるとき、「今朝は、嵐みたいなものすごい雨風だったんですよ~」と言っておられました。
一日目は、車で時計回りにあちこちの滝や海をみつつぐるりと島を一周しました。
一周するのに三時間半ほどの島です。
雲間からさす光の美しい海。。。
d0079278_21484782.jpg

安房では屋久島ラーメンととんこつラーメンを頂きました。屋久島ラーメンは、鳥と魚の出しの澄んだスープで、とてもおいしかったです。

麦生では、トローキの滝(とどろきのこちらの言葉だそうです)と千尋滝を見ました。
トローキの滝はマングローブ林を抜けていきます。足元に、かにがあるいていました。
朝に雨が降ったので、ちゃんととどろくほどの水量になっていました^^
千尋滝でも水量が多くて、迫力がありました。しばらく眺めていると、水煙で虹がかかりました。

尾之間では温泉に入りました。地元の方も使われるひなびた源泉で、なかなか浸かれないほどに熱いお風呂でしたが、とてもきもちよかったです。
外には足湯もあって、のんびりしました。
d0079278_21543989.jpg
d0079278_2154523.jpg

のんびりしていると、おもしろい雲たちがのんびり流れていっていました。
d0079278_21554964.jpg
d0079278_2156129.jpg
d0079278_21562869.jpg

三時にはラジオ体操の音楽が島に流れます。そのあと、掃除の分担などの連絡もはいっていました。

湯泊の平内海中温泉は、干潮時の前後2時間だけはいれる温泉だそうですが、丁度満潮時。
波のものすごい迫力に圧倒されました。。。
d0079278_2252588.jpg


粟生の大川の滝も迫力がありました。
海の開けた場所で、丁度雲の隙間から夕日と美しい彩雲をみることができました。
西部林道というくねくねした道を走っていると、屋久鹿と、屋久猿にであいました。

くるりとまわって、宮之浦で宿泊。
素泊まりですが、民芸風のとても居心地のよいお部屋で、お風呂・洗濯機・乾燥機・キッチンなども共用で使うことができ、とてもたすかりました。
宮之浦のお店で、名物のとびうおのから揚げを頂きました。
ものすごく大きくて、びっくりしましたw
d0079278_22544285.jpg

そのほかにも、金目鯛の刺身・首折れ鯖の刺身・屋久とろ(おもちのように、粘り気がすごいです)など、土地のものをおいしくいただきました。
燕は、屋久島の焼酎・三岳を飲んで、いたくおきにいり。(日本酒のようでフルーティーでした)

気温が20度ほどもあって、とても暖かかったので、登山用品のお店で相談して、山小屋に泊まることにしました。

二日目は、宮之浦から白谷雲水峡というところにむかいました。車であっというまに高い山の上につき、そこに駐車してあるきます。
程なくして、屋久島らしい、苔むした樹や岩、綺麗な瀬の世界に包み込まれました。
ここでもすぐ傍で屋久鹿にあうことができました。
d0079278_2220943.jpg

d0079278_2219999.jpg

d0079278_22203533.jpg

今回は燕と二人だけで登ったのですが、同じコースをガイドさんとあるいておられる方々も沢山おられました。ガイドさんも気さくに話しかけてくださって、いろいろと教えてくださって、とても助かりました。
お日様がさっとさすと、コケがきらきら光っていました。。。
山全体が苔寺みたいでした。
登山道は、歩きやすいように、石や木の板が適宜に配置されていて、道にまよわないように、ピンクのテープで道しるべがしてありました。道中も板で階段を作ってくださっている方にお会いしました。とてもありがたいことです。

辻峠というあたりまではノアのはこぶねかと思うほどの巨石がごろごろ。巨大な苔玉みたいに苔むしていて、上には樹がいろいろと生えていて、根っこで石を包んでいました。
どの巨石も、磐倉も、名のついていない巨木も、苔むした切り株も、神様がおわすように感じましたので、何度、屋久島の神様方・天地の神様方、仏様、ご先祖様、島の人々のお心遣いに感謝申し上げたかわからないほどです。
山の中を歩いているときも何度も何度も「ありがとうございます」「この地をおとずれることのできたご縁に感謝します」という思いで一杯になって、話しかけたり、ひふみの祝詞や数え歌の祝詞を奏上しながら歩いていました。

夜の縄文杉にもお目にかかることができ、お月様もでていて、幻想的でした。
ここでも、ひふみの祝詞を奏上させていただきました。
高塚小屋というところで泊まりましたが、さほど寒くなく、よく眠ることができました。(標高は1396m、いつもなら雪で閉ざされて行けないそうです)

3日目は、ゆっくりいろいろな山の木々や風景、鳥のこえ、きつつきのこつこつたたく音、そっと歩く屋久鹿をたのしみながら写真を撮りつつトロッコ道まで下り、再び巨石のある峠まで登って、白谷雲水峡まで下りました。峠をこえたあたりから、小雨が降りましたが、レインコートとお借りしていたヘッドランプ・ストック・ザックカバー・ぬれても大丈夫な登山靴と水がしみ込まないようにするスパッツの御蔭で、安全に下ることができました。
かなりの距離を歩きましたが、靴擦れもまめもなく、ひどい疲れにもならずに下山できたことに感謝です。本当に、助かりました。
お宿のお風呂は、気持ちよかった~~♪♪
汗だくの洗濯物もお宿で洗って乾かせて、きもちよかったです。

3日目は、宮之浦の山幸・海幸の神社にご挨拶して、ヤクスギランドに向かいました。
車で紀元杉というところまでいきました。雲の中になって、小雨が降っていましたが、レインコートと事前の準備の御蔭で、幻想的な写真を撮ることができました。
ヤクスギランドのほかの杉は、時間的に見ることができませんでしたが、屋久島の巨木の写真集があったので、それを求めました。
山を下るときには、ものすごい雨がふり、屋久島らしさを体感しました。(この時間の飛行機は欠航になっていました><)
荷物は、下山したところのお店でほとんど宅急便でおくることができました。
天気が不安定なので、早めに飛行場に向かいましたが、便が予約していたものだけだったので、空港の食堂で、鹿肉・屋久とろ・亀の手(これは燕が食べました)・フルーツジュースのフリードリンクでのんびりしました。売店で求めた、屋久島の生態系をわかりやすく解説してあるガイドブックは、まさに歩いてきた風景をわかりやすくガイドしてくれていて、「あ~。そうだったんだ!」と、とてもよくわかりました。

飛行機は定刻に出発し、すこしだけ夕焼けとお月様もみることができました。
鹿児島や神戸の街あかりもクリスマスのイルミネーションのようで、とてもきれいでした。

本当に、何事にも恵まれた素敵な旅をさせていただきました。
写真は、今回は山登りしながらだったのと、マクロではとても収まり切れない巨木だったこともあって、燕の撮った写真も合わせてご紹介しようとおもっています。
今回も、一緒に行ったかのようにたのしんでいただけたら、うれしいです。

(この次から、クリスマスの記事を3つアップしています)

写真気に入っていただけたら、ぽちっとクリックおねがいしますね。投票に参加してみています。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitaum | 2007-12-26 21:59 | 風景
<< 屋久島の旅 -不思議な空ー 神戸からメリークリスマス >>


散歩中にみつけたすてきなものたちを写真で紹介していきます。心にひびくものがあればコメントいただけるととてもうれしいです。よろしくおねがいします。 リンクの月下 燕は私の夫の読書と写真のブログです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メモ帳
*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。
タグ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
「麻田浩 展」(京都国立..
from I my me galler..
The winter Q..
from 記憶の片隅で  A day ..
アンサンブル・プラネタ
from 1-kakaku.com
オレンジ
from フルーツ|フルーツ館
不思議だなーっ。自然の造..
from ポビーの日記
ツルボ  ユリ科
from Flower Photo*2..
『む』 無花果 むか‐か  
from いつでも・どこでも・だれとでも
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧