月下 桜 の 世界



<   2007年 05月 ( 76 )   > この月の画像一覧


きょうのバラ -琴音ー

あそびにきてくださって、ありがとうございます。
きょうは、先日燕とでかけたときの記憶の文章と、昼咲き月見草まであっぷしています。
どうぞごゆっくりです^^

きょうのバラは、琴音。ことね、というそうです。
和風続きですね^^
何色っていうんでしょうね。ふしぎな色です。
d0079278_22174733.jpg
d0079278_2218642.jpg


写真気に入っていただけたら、ぽちっとクリックおねがいしますね。投票に参加してみています。


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitaum | 2007-05-31 22:18 | 薔薇

最近みかけた風景 -ことばの記憶ー

最近の、写真を撮れなかったけれど、こころに残ったものたちを書きとめておきます。

そういうイメージは、書いておくかしないと、いつまでもこころのどこかに残っているような気がして、すっきりしないのです。素敵なものも、あるいは、目を覆いたくなるものも。
書き出しておくと、割合忘れていられるのですが、そのままにしておくと、ふとしたときにフラッシュバックのように、そのときの映像が流れて、その時の気持ちがよみがえります。
夢も、このごろはだいぶ少なくなりましたが、一晩・一回のお昼寝で3~5本の映画のようなストーリーで、はっきりおぼえていることがあります。おなじ街にいったら、こっちにいったらなにがあるとか、デジャヴしそうなくらいjはっきりおぼえています。人の顔はぜんぜんだめなんですが。。。


*燕とバイクでおでかけしたときに見かけたものたち*

バイクで広い道を走るとき、普段みることのない角度で高速道路の下とか横壁についている金具とかが、きれいに並んで見えるのがとてもおもしろい。かもめのはねのように、両方にのびたランプもきれいにならんでいる。道路の片端に、丸いオレンジの反射板があって、それには、3つの羽がついていて、風を受けてくるくるまわっている。それぞれの羽の長さがちがうから、ひとつ面をまんべんなく拭いている。こんなささやかな道具にも、人の思いが詰まっている。
道路は震災後、広くて、ぼこぼこがなおって、水はけのよいアスファルトになった。音もすこし静かになったようなきがする。夜道を照らすライトも白ではなく、やさしいオレンジ色。この色は、海外(アメリカ)の街に着陸するときにみえていた、おだやかな色。
高いところから、川にかかっている鉄道の橋をみると、パステルカラーでピンクや水色だから、なんだかジオラマみたいだ。
大きな鉄塔どうしが沢山の電線を平行にたわませて、もっている。綾取りを始める前みたいに。
空が真っ白だったから、どこに太陽があるか、わからなかった。雲がおおっているのか、それとも晴れすぎて真っ白なのかわからないくらいの、明るい白い空。こんな日は、時間の感覚が鈍くなる。時計をみて、あれ、まだこんな時間だって、おもうと、すこし得した気分になる。
道路が3方向にわかれているのに、道の道路の番号はみんなおんなじだった。どっちにいったらいいか、わからないよね?
マイミクさんがマンホールが好きだっておっしゃっていたから、ひそかにコレクション。すでに、わたしもはまっているのかもしれない。大阪・京都・神戸のほかに、宝塚・西宮・伊丹・豊中を集めた。バイクであたらしいのをみつけたから、コンビニ(なんだか駐車場が異様に広い。うちのちかくの3倍くらいひろい)にバイクをとめて、マンホールの採集。和泉のものをゲットした。
マンホールを探して、裏道にはいっていくと、畑や田んぼが。大きな門構え(本当に門の建物付き)の昔ながらのお屋敷があった。屋根の合わせ目の壁には円く家紋が描かれていた。
白い塀に囲まれたお庭には高くに翻るこいのぼりたち。風を孕んで、ぷくぷくになっていて、ほんとうに鯉が泳いでいるみたいにくねくねしていた。
そういうお屋敷があるかとおもえば、ちいさなおうちがあったり。木の壁の小屋があって、下のほうに細長い窓がつっかえ棒であけられていたから、なんだろうって、かがんで覗き込んだら、子牛のかわいい瞳と目が合った。子牛が2頭。くりくりした目がかわいい。
親の牛も5頭くらいいて、それぞれの棒でしきられた部屋でくつろいでいた。牛って、おおきい。
四角くて、くろくて、山みたいにおおきい。そして、おめめはぎょろぎょろしている。
わたしたちの気配にきがついて、鼻先をむけてくるところがまたかわいい。
なんでもない道のなんでもない側溝にきれいな水が流れていて、なんでもない草花たちが気持ちよさげに揺れているのが、気持ちよかった。
牛のにおい。畑のにおい。畑はちょうどたまねぎの収穫の時期で、葱坊主がついたものだけアンテナみたいに立っていて、あとはみんな左右に寝ころがっていた。乾燥させているのかな。
夏の野菜たちも植え付けられたばかりで、とうもろこしや、なすび、きゅうりがうえられていた。わらのしいた上にうえられているのは、かぼちゃか、すいか。きっとすいか。まだ植えつけられて間なしだから、おどおどしていた。
和泉は、大阪から高速道路にのっていっているといつのまにかおおきな3車線の道にでてしまう。両脇にはよくみる外食や車や日用品の大型チェーン店ばかり。郊外の町って、こんな通りがかならずあるような気がする。
それでも、そこから奥にのびる道は自転車がやっと通れるくらいの道だったり、両脇に溝があったり、くねくねの道だったり、おじぞうさまがまつられていたり、ちいさな畑があったり、そういう生活があふれ出す道路が垣間見られる。わたしは、そういう道のほうにこころ惹かれる。
バイクですこし山のほうに入ると、ミカン畑からあまい香りがする。竹やぶもあたらしい緑と枯れた葉っぱがいりまじって、やさしく煙ってみえる。すごい斜面で作業されているおじさんと白い軽トラック。

燕が前にでかけて、すてきだったお店につれていってくれた。
昭和古民具・骨董のあふれんばかりの廊下に、ぐるりに20ほどの個室がある(それぞれ昭和の趣のある、つくりになっている)それぞれのランプや、おいてある家具をながめるのもたのしいし、廊下の品々を見るのもたのしい。喫茶室はイギリスアンティークの家具が座敷に置いてあり、ランプのきれいなおだやかな場所。なつかしい本を引っ張り出して、丁寧にいれられたアールグレイをのみながら、アイスクリーム専用の器でウェハースのついたバニラアイスをすくうのは、とてもしあわせな時間だった。

帰りはすっかり日暮れていたので、阪南道路をつかって高速で帰る。わたしは、高速のときの風の音と車がすこしこわいから、イヤホンでおきにいりの曲をかけてみた。そうしたら、こわくない。
大阪にはいると、高いビルやクレーンのさきに小さな赤い灯りがともっていた。点滅するものと、点滅しないものがある。点滅するものは、なんだかビルの鼓動みたい。高速道路は高いから、余計なものが見えない。電線ですら、おおきな鉄塔の線しかみえないから、空がとても広い。深い海の底みたいな色だった。

ありゃ、いろいろ書くつもりが、一日のレポートで終わってしまいましたw
また後日ほかのもつれづれと書きますw

写真気に入っていただけたら、ぽちっとクリックおねがいしますね。投票に参加してみています。


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitaum | 2007-05-31 21:39 | つれづれ帖

昼咲き月見草 -薄いピンクのはなびらと十字のしべー

去年は、真夏のコンクリートのすきまからひょろひょろはえているのをみかけた、昼咲き月見草でしたが、今年は、涼しげな川辺でみんなで仲良くさきそろっているのを発見しました。
繊細なピンクの花びらと、しろい十字のしべが繊細でかわいらしいです。
d0079278_2192623.jpg
d0079278_2193815.jpg

真ん中はこんなかんじ。
d0079278_2110357.jpg

横顔だって素敵です。
d0079278_21101884.jpg

d0079278_21104522.jpg
d0079278_2111198.jpg


みてくださって、ありがとうございます。
きょうはここまでです。
それでは、またあした~^^

写真気に入っていただけたら、ぽちっとクリックおねがいしますね。投票に参加してみています。


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitaum | 2007-05-31 21:11 | 切り花・雑草の花

きょうのばら -藤娘ー

あそびにきてくださって、ありがとうございます。
きょうは、牡丹の葉っぱとたけのこまであっぷしています。
どうぞごゆっくりです^^

きょうの薔薇は、藤娘。
その名にふさわしく、あでやかな藤色です。
d0079278_2253613.jpg


写真気に入っていただけたら、ぽちっとクリックおねがいしますね。投票に参加してみています。


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitaum | 2007-05-30 22:53 | 薔薇

牡丹の若芽 -新鋭の劇団のようにー

牡丹の花は撮りそこねましたが、若い葉っぱのでてくるところは撮ってあったので、ご紹介します。
これがまた、とってもユニークなんだよ。。。w
なんだか、前衛のバレエダンスみたいな動きをしているのです。
d0079278_22432970.jpg
d0079278_22434768.jpg
d0079278_2244679.jpg
d0079278_22441946.jpg
d0079278_22444281.jpg

群舞。。。。
生まれ出でたことに恍惚と酔いしれて。
d0079278_2245328.jpg
d0079278_22451695.jpg
d0079278_22452677.jpg
d0079278_22453637.jpg
d0079278_22454686.jpg

祈り。
うまれいでたことへの感謝の祈り。
d0079278_22472590.jpg
d0079278_22473813.jpg
d0079278_22474816.jpg
d0079278_22475617.jpg
d0079278_2248858.jpg


写真気に入っていただけたら、ぽちっとクリックおねがいしますね。投票に参加してみています。


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitaum | 2007-05-30 22:49 | 樹の花・木の芽・実

竹 -伸びよ若竹ー

京都の植物園に竹のコーナーもあって、みなさんはあまりまじまじとはご覧にならないところなんですが、わたしは分け入って、竹取の翁のごとくすてきな竹をみつけてきたのでした^^

竹の種類によっても、たけのこの形が違うようです。
d0079278_22203628.jpg
d0079278_22205486.jpg

竹の秋、というそうです。いま落ち葉が盛んで新しい葉っぱと交代中。
d0079278_22213060.jpg
d0079278_22215421.jpg


たけのこのきれめからもじゃもじゃ。
d0079278_22223210.jpg
d0079278_2223026.jpg

竹の皮のあわさっているところは美しい。
d0079278_22235163.jpg

d0079278_22251843.jpg

根っこも竹っぽい。
d0079278_22241363.jpg

たけのこの、先端。
火焔みたい。
d0079278_2226175.jpg
d0079278_22262819.jpg


この緑は。背筋の伸びるような、清けき緑。
d0079278_22365551.jpg
d0079278_2237470.jpg
d0079278_22371535.jpg


みてくださって、ありがとうございます。
きょうはここまでです。
それでは、またあした^^

写真気に入っていただけたら、ぽちっとクリックおねがいしますね。投票に参加してみています。


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitaum | 2007-05-30 22:37 | 樹の花・木の芽・実

きょうのばら -プリンセス・アイコー

あそびにきてくださって、ありがとうございます。

きょうは、気を取り直して安藤氏の建築について、愛をいっぱいこめて沢山書いて沢山写真をアップしました。
やまぼうしの花までアップしています。
どうぞゆっくりしていってくださいね^^

きょうの薔薇は、プリンセス・アイコ。
まさにプリンセスにふさわしい、かわいらしい薔薇です。
d0079278_21573385.jpg
d0079278_21575466.jpg
d0079278_21582037.jpg
d0079278_21584819.jpg


写真気に入っていただけたら、ぽちっとクリックおねがいしますね。投票に参加してみています。


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitaum | 2007-05-29 21:59 | 薔薇

兵庫県立美術館 -建物の美ー

兵庫県立美術館は、震災後移転・建築された建物です。設計は安藤忠雄氏。
海辺の広々とした敷地をのびやかにつかっている建物です。
ロダン展など、なんどか訪れているのですが、そのたびに、建物の魅力に惹かれます。

建築のことは、くわしくわからない。コンクリートなんて、高速道路とかの土台だとおもっていたし、打ちっぱなしコンクリートの建物が手放しで流行していたのは、ちょっと前だとおもってました。。。
建物に、設計者の名前がかたられるようになったのは、豪奢な洋館などの設計のはじまった近世からなのでしょうか。それまでは、施工主がかたられても、設計者・施工にたずさわった匠たちの名前はほとんどかたられることがなかったような気がします。東大寺や法隆寺などなど。。

まるで建物がアート作品のように、設計者が語り継がれ、その存在を機能以上の付加価値をつけるようになってきました。


兵庫県立美術館をみたとき、モノトーンのうつくしさに惹かれました。
コンクリートの壁は、間接照明によってまるで屏風にえがかれた銀箔の月のよう。
長い長い廊下もしかり。
コンクリートの突き放すような冷たさではなく、包み込む包装紙のような柔軟さをもったコンクリートの壁があることをはじめて知りました。
丸い工事の跡ですら、壁紙のパターンのよう。

おおきな窓によって差し込む光は、幾何学的な美しさを描き出すためのよう。

エレベーターで3階にあがり、扉が開き、左手に一歩でたときに、まるでエッシャーの階段の世界のような、正方形の空間に、階段が下ったり上ったりして交差しています。もちろんそれをとおってもかまわないし、まわりから眺めつつぐるりを歩いてもかまわないのです。
3階から1階へのおおきなおおきな階段と窓は、灰色の色見本帳のよう。
とおられることがなくても、その存在はうつくしいのです。
中央の円形の階段は、あかるい光にてらされて、のぼりおりする人の影がアートとなります。

常設展の作品を撮影したときに感じたような、「もの」ではなく「意思」と対話するような。

建物の全貌ではなく、わたしが美しいと感じた部分をご紹介しますね。

まず、モノクロの美しい壁と床たち。
d0079278_2137822.jpg
d0079278_21372123.jpg
d0079278_21374540.jpg

d0079278_21383887.jpg
d0079278_21385084.jpg
d0079278_21392587.jpg
d0079278_21393467.jpg
d0079278_2140795.jpg
d0079278_21402968.jpg
d0079278_2141812.jpg
d0079278_21411850.jpg
d0079278_21413236.jpg
d0079278_21415769.jpg
d0079278_21422240.jpg

d0079278_21482551.jpg


モノトーンのうつくしい、階段たち。
d0079278_21433481.jpg
d0079278_2144917.jpg
d0079278_21441658.jpg
d0079278_21442875.jpg
d0079278_21444648.jpg
d0079278_21445729.jpg
d0079278_214588.jpg
d0079278_21451688.jpg
d0079278_21452838.jpg

d0079278_2148118.jpg


光の世界。
d0079278_21471796.jpg
d0079278_21474279.jpg

d0079278_2148499.jpg
d0079278_21491131.jpg
d0079278_2149305.jpg
d0079278_21493957.jpg


小物さえもうつくしい。
d0079278_2150528.jpg
d0079278_21502151.jpg
d0079278_21503741.jpg
d0079278_21505127.jpg
d0079278_21511994.jpg


美しいとおもうこころがあれば。
[PR]
by tsukisitaum | 2007-05-29 21:11 | 美術館・展覧会

アリウム・ギガンチウム -でっかい紫葱坊主!-

アリウム・ギガンチウムが見ごろです。
普段は花店で切花で売られているのをみかけるくらいなのですが、京都の植物園に沢山植えられていて、満開でした。
なんだか、現代アートみたい。。。
d0079278_20565217.jpg
d0079278_2057119.jpg

このあたりから、ねぎぼうずっぽいでしょ。
ぱか。
d0079278_20573060.jpg
d0079278_20574087.jpg

下から色づいて、ひらいていきます。
d0079278_20581470.jpg
d0079278_20582356.jpg
d0079278_20583931.jpg
d0079278_20591719.jpg
d0079278_20592882.jpg

ちょっとめだちたがりやさん。

写真気に入っていただけたら、ぽちっとクリックおねがいしますね。投票に参加してみています。


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitaum | 2007-05-29 21:00 | 春の鉢花

やまぼうし -はなみずきとよく似ていますー

花水木の花がおわったころに、おなじような花が咲くんですよ。
やまぼうし、という名前の花です。
白くて涼しげ。この丸いところは、花が終わった後ものこっています。
その辺から、山法師という名前になったとか。
上から見るとこんな感じ。
d0079278_20515881.jpg

d0079278_20521867.jpg

横から見ると、ぺっちゃんこ。
d0079278_20523445.jpg
d0079278_20524228.jpg

難波パークスでもたくさん花をつけていました。
階段状になっているガーデンなので、高いところから、みおろすことができるので、よくみえます^^

みてくださって、ありがとうございます。
きょうはここまでです。
それでは、またあした~^^

写真気に入っていただけたら、ぽちっとクリックおねがいしますね。投票に参加してみています。


にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitaum | 2007-05-29 20:54 | 樹の花・木の芽・実


散歩中にみつけたすてきなものたちを写真で紹介していきます。心にひびくものがあればコメントいただけるととてもうれしいです。よろしくおねがいします。 リンクの月下 燕は私の夫の読書と写真のブログです。
メモ帳
*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。
タグ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
「麻田浩 展」(京都国立..
from I my me galler..
The winter Q..
from 記憶の片隅で  A day ..
アンサンブル・プラネタ
from 1-kakaku.com
オレンジ
from フルーツ|フルーツ館
不思議だなーっ。自然の造..
from ポビーの日記
ツルボ  ユリ科
from Flower Photo*2..
『む』 無花果 むか‐か  
from いつでも・どこでも・だれとでも
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧