月下 桜 の 世界



タグ:秋 ( 149 ) タグの人気記事


ピンクの小菊 -和菓子のようなー

あそびにきてくださって、ありがとうございます。

きょうは、ちいさなピンクの菊です。
和菓子で、秋に「はさみ菊」という練りきりのお菓子がつくられます。文字通り、まるい生地にはさみで切り込んで花びらを一枚一枚つくるものですが、とても精緻で、頂くのがもったいないほどです。お祝いにもつかわれるようです。
そんな雰囲気の、かわいらしい小菊をみつけました。

d0079278_20274217.jpg
d0079278_2028256.jpg
d0079278_20281640.jpg
d0079278_20282780.jpg
d0079278_20283648.jpg
d0079278_20284698.jpg

色合いもほんのりと変化していくところが、素敵です。

みてくださって、ありがとうございます。
それでは、またあした^^

写真気に入っていただけたら、ぽちっとクリックおねがいしますね。投票に参加してみています。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitaum | 2008-02-01 20:29 |

京都・上賀茂・下賀茂神社の旅。-変化する空ー

今日も引き続き、神社をお散歩しましょう~。

上賀茂神社を参拝しおわったところで、旅装束の方をおみかけしました。
d0079278_15585924.jpg
d0079278_15591138.jpg

たのしそうですね。
d0079278_15594665.jpg
d0079278_160214.jpg

こちらでも、外国の方がビデオをまわしておられました。

動きのある雲たちです。
d0079278_1605791.jpg
d0079278_1613725.jpg
d0079278_162071.jpg
d0079278_1621842.jpg
d0079278_1623397.jpg

あ。
d0079278_1625554.jpg

鳥の巣、発見w

樹にひっかかりそうなくらい、低く飛んでいる雲たち。。
d0079278_1634874.jpg


下賀茂神社の西にある、森のはりねずみさんにたちよりました。
手作りの樹のおもちゃがいろいろあります。丁度クリスマスものが展示されていました。
d0079278_1655240.jpg
d0079278_1661226.jpg
d0079278_1662876.jpg
d0079278_1664988.jpg

入り口のリースにもはりねずみちゃん。
d0079278_1672466.jpg

サンタクロースさんがプレゼントの準備をしているオーナメントを求めました。
小さいけれど、とてもほのぼのしていて、みているだけでわくわくします。

下賀茂神社の南西にある河合神社にたちよりました。
d0079278_1691685.jpg
d0079278_1693647.jpg
d0079278_1694658.jpg
d0079278_16101093.jpg
d0079278_16102415.jpg
d0079278_1610485.jpg
d0079278_16112347.jpg

大勢の神様がいらっしゃいました。
d0079278_16123638.jpg
d0079278_16125299.jpg
d0079278_1613413.jpg

釣り灯篭には双葉葵。
d0079278_1614587.jpg

葵は、「あふひ」と書かれ、「あふ=会う」「ひ=神様のお力をしめすことば」で、神様の力にである植物であると伝えられているそうです。

向かいにも神社。
d0079278_16142143.jpg

糺(ただす)の森の参道は気持ちいいです。
d0079278_16212326.jpg

暗くなってきたのでちょっと油絵風になりました。。w
d0079278_1622172.jpg

瀬見の小川
d0079278_16223599.jpg

下賀茂神社は賀茂御祖(みおや)神社という名前です。
賀茂建角身命(かもたけつぬのみこと)様と玉依媛命(たまよりひめのみこと)様をお祀りしています。
ひふみの祝詞を奏上しました。

本殿前には、言社(えとのお社)として、干支に対応して大国主命様がさまざまな名前で(7つ名前をお持ちだそうです)お祀りされていました。
東には御手洗社、瀬織津比売命(せおりつひめのみこと)をお祀りされています。
ここは、葵まつりのときに斎王がみそぎをされる場所。みたらし団子はここのあぶくを人の形にかたどったものだそうです。
南西には相生社、神皇産霊神様をお祀りしています。
d0079278_16345995.jpg
d0079278_1635168.jpg

ご朱印を頂いたところで、閉門時間になりました。
かなり雨が激しく降ってきたので、門の外でしばし雨宿りさせていただきました。
d0079278_16365259.jpg

幸い2-30分ほどで雨は上がり、バイクも持ってきていたタオルでふくと、さほど濡れておらず、たすかりました。
帰りに、燕の同僚さんお勧めのお店、平安神宮のちかくの「楽膳 柿沼」でご馳走になってかえりました。
d0079278_16425077.jpg


写真気に入っていただけたら、ぽちっとクリックおねがいしますね。投票に参加してみています。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitaum | 2007-12-21 16:44 | 風景

京都・上賀茂・下賀茂神社の旅。ー上賀茂神社ー

あそびにきてくださって、ありがとうございます。
きょうもひきつづき、京都の神社のお散歩です。
一緒に歩きましょう~♪

上賀茂神社です。
賀茂別雷神社が正式名称でしょうか。
d0079278_17555769.jpg
d0079278_17561180.jpg
d0079278_17562830.jpg

d0079278_1757650.jpg
d0079278_1757204.jpg

こちらで有名なのは、この立砂です。
松葉が3本なんだよ。
d0079278_17575962.jpg
d0079278_17581663.jpg
d0079278_17582668.jpg
d0079278_17583990.jpg
d0079278_17585552.jpg
d0079278_17592392.jpg
d0079278_17594036.jpg
d0079278_17595054.jpg

境内のあちこちの岩のでているところもおなじく注連縄がはってありました。
本殿に参るまえにも、沢山神様がいらっしゃいます。
d0079278_1805961.jpg

d0079278_182233.jpg

d0079278_1821276.jpg

d0079278_1824994.jpg
d0079278_1825938.jpg
d0079278_1832157.jpg

d0079278_1834893.jpg
d0079278_184817.jpg
d0079278_184206.jpg
d0079278_184499.jpg

参拝後、おもしろい雲たちがみられました。
d0079278_185334.jpg
d0079278_185471.jpg
d0079278_1861369.jpg
d0079278_1862976.jpg
d0079278_1864254.jpg

うわ~。。。
d0079278_187991.jpg
d0079278_1872256.jpg
d0079278_1873231.jpg

d0079278_188258.jpg
d0079278_1882863.jpg
d0079278_1885039.jpg
d0079278_1892448.jpg
d0079278_1893573.jpg
d0079278_1895414.jpg
d0079278_18101045.jpg
d0079278_18102670.jpg
d0079278_18105852.jpg
d0079278_18111976.jpg

桧皮葺の美しいこと。
d0079278_18113291.jpg
d0079278_18114367.jpg

d0079278_18122487.jpg
d0079278_1813840.jpg
d0079278_18132620.jpg
d0079278_18134360.jpg
d0079278_18141113.jpg
d0079278_18144827.jpg

d0079278_1815565.jpg
d0079278_181614100.jpg
d0079278_18163071.jpg

なにやら雲行きがあやしくなりました。
ごろごろ。。。雷の名前をいだいている神様にお参りしたので、よろこんでくださっているのかな。
d0079278_18173335.jpg
d0079278_18174426.jpg
d0079278_18175425.jpg
d0079278_18182726.jpg
d0079278_18183845.jpg

紅葉のうつくしい庭園がありました。
曲水の宴をするところだそうです。
d0079278_18194812.jpg
d0079278_18202053.jpg
d0079278_1821122.jpg
d0079278_18212942.jpg
d0079278_18214033.jpg
d0079278_18215762.jpg
d0079278_182228100.jpg
d0079278_18225765.jpg
d0079278_18231928.jpg
d0079278_1823332.jpg
d0079278_18235480.jpg
d0079278_18241624.jpg
d0079278_18243513.jpg
d0079278_1825565.jpg
d0079278_18252087.jpg
d0079278_18253256.jpg

清浄なせせらぎと、清浄な白砂でえがかれた水。。。
清浄な水にかこまれている。。。結界。

そしてまた、不思議な空。。。
d0079278_18261377.jpg


みてくださって、ありがとうございます。
つづきは、またあした^^

写真気に入っていただけたら、ぽちっとクリックおねがいしますね。投票に参加してみています。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitaum | 2007-12-20 18:29 | 風景

京都・上賀茂・下賀茂神社の旅。-豆餅!!-

あそびにきてくださって、ありがとうございます。

きょうから、京都の、上賀茂・下賀茂神社の旅(日帰りですw)をアップしますね。
バイクでいったのですが、高速つかって、あっというまに着きました。市内の移動もらくらく~。
紅葉もおそろしいくらいに美しくて。。。
しばし、一緒にお散歩しましょう~♪

でかけるまえ、おもしろい雲たちをみました。
d0079278_15543675.jpg
d0079278_15544958.jpg

うっすらと、にょろにょろみたいにたちならんでいましたw
d0079278_15553233.jpg

出町柳の交差点、ここは豆餅で有名な「ふたば」のあるところ。
並んでいたけれど、結構早く買うことができました。
(いつも、お土産用に河原町の高島屋地下をのぞきます。有名なお菓子をまとめてとりあつかっているコーナーがあって、そこでも「ふたばのまめもち」「かまもち」を買うことができます。そして、日持ちのするあじゃり餅も買って帰るのが定番です)
d0079278_15565254.jpg

d0079278_15572068.jpg

すぐ近くの賀茂川でいただきました。
d0079278_15595076.jpg
d0079278_1601046.jpg

この豆の塩加減がいい塩梅。。。2こも食べちゃったw

笠をかぶっている雲発見w 関西でははじめてみました。
d0079278_1611322.jpg

上賀茂神社を目指して北山の方に走りました。
途中で、すてきな公園が。
d0079278_1624995.jpg
d0079278_163183.jpg
d0079278_1631531.jpg
d0079278_1632872.jpg
d0079278_1634376.jpg
d0079278_1635237.jpg

あ~。。。いいきもち!!
d0079278_1641810.jpg
d0079278_164327.jpg
d0079278_1645166.jpg
d0079278_165064.jpg

ん??
d0079278_1654573.jpg

そういえば、この付近には、見慣れない葉っぱの野菜が植わっている一角がところどころありました。トラックに山積みに抜いては積んで。。と作業しているご夫婦も。蕪みたいなのがついていました。。。。
近くを散歩していると、またみつけました。
d0079278_168789.jpg
d0079278_1682611.jpg

d0079278_1685857.jpg

d0079278_1695498.jpg

このにおいは。。。すぐき。
京都の代表的なお漬物です。

先ほどの公園の近くに神社がありました。迷い込んでいなかったら、きづかなかった神社です。
d0079278_16225695.jpg
d0079278_16231434.jpg

d0079278_1611426.jpg

d0079278_1612274.jpg

d0079278_16124328.jpg
d0079278_1613179.jpg
d0079278_16131880.jpg

紅葉がとても美しい神社です。
d0079278_1614174.jpg
d0079278_16141528.jpg
d0079278_16143442.jpg
d0079278_16145036.jpg

上賀茂神社とおなじく、立砂がしてありました。
ひふみの祝詞と数え歌を奏上しました。
d0079278_16154538.jpg

d0079278_16164040.jpg

d0079278_16171444.jpg
d0079278_16173323.jpg
d0079278_16175282.jpg
d0079278_1618180.jpg
d0079278_16181976.jpg
d0079278_16183899.jpg

d0079278_1620546.jpg
d0079278_1620444.jpg
d0079278_1621756.jpg
d0079278_16214113.jpg
d0079278_1622162.jpg
d0079278_16221142.jpg

d0079278_16233642.jpg

圧倒的な紅葉の美しさに、もうすでに満足。。。

先ほどのすぐきの漬物をしている隣の建物もすてきでした。
d0079278_16244230.jpg
d0079278_1625380.jpg
d0079278_16251645.jpg
d0079278_16253412.jpg
d0079278_16255636.jpg
d0079278_1626649.jpg


みてくださって、ありがとうございます。
つづきは、またあした^^

写真気に入っていただけたら、ぽちっとクリックおねがいしますね。投票に参加してみています。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitaum | 2007-12-19 16:27 | 風景

天川村のおみやげたち

天川村の旅行、2泊3日でしたが、みっちりご紹介できました~♪
おみやげ~^^

とめていただいた民宿ででていた黒米。
神様にお供えする貴重なお米だそうですよ。
白ご飯に混ぜて炊くと、赤飯みたいになります。普通のお祝いの赤飯はこれを模したものだそうです。
d0079278_20244112.jpg

お宿のとなりの小間物屋さんであつかっておられた、お酒。
d0079278_20252947.jpg
d0079278_20253742.jpg

こんなかわいらしいのもありました。
d0079278_20263378.jpg
d0079278_20264447.jpg
d0079278_2027116.jpg

d0079278_20274020.jpg

さくらのはなびらいりで、ふわりふわりとういているのがまた綺麗。

こちらは、洞川のガソリンスタンドで扱っておられた、ごろごろ水のひょうたん。
これは、昨年のクリスマスバージョン。
d0079278_2029790.jpg
d0079278_20291667.jpg
d0079278_20292764.jpg

季節ごとにあたらしいバージョンが加わるそうですよ。
おみやげに買い求めたのは、こちら。
d0079278_20302438.jpg
d0079278_20303997.jpg
d0079278_20305597.jpg
d0079278_203168.jpg
d0079278_20311684.jpg

ひかりのてんしさま。
d0079278_20313841.jpg


みてくださってありがとうございます。
それでは、またあした^^

写真気に入っていただけたら、ぽちっとクリックおねがいしますね。投票に参加してみています。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitaum | 2007-12-16 20:32 | お勧めの食べ物

天川 -洞川の宿町をぬけてー

あそびにきてくださって、ありがとうございます。

きのう・おとついは、夕食をたべたらねむねむになって、ちょっとひとねむりのつもりが、朝までぐっすり寝てしまってました。。><
よく眠れるのは、ありがたいことです。
洞川の伝説もぼちぼちかいていきますね。
とりあえず、きょうは、町並みの方をご紹介です。

洞川は、山道に行く前に宿屋街がならんでいます。
大峯山に登る前・後にしっかり準備してむかうのでしょうね。
温泉もあちこちで「ふらっと湯」というのがあって、時間帯によって、あちこちのお宿のお風呂にはいることができます。帰る前にたちよったのですが、やっぱりあったまると元気になるね^^


吉野くずもよくみかけます。
d0079278_20315767.jpg
d0079278_20321337.jpg

宿はどこも暖かい感じ。
d0079278_20325137.jpg
d0079278_203326.jpg

目があっちゃったw
d0079278_20332488.jpg

役の行者直伝のだらにすけ、というものが(漢方の丸薬?)あちこちの店で取り扱われているようでした。
d0079278_20351062.jpg

修験法具店。。
d0079278_2036538.jpg
d0079278_20361921.jpg
d0079278_20363382.jpg

ほらがいって、結構綺麗ですね。
宿がとぎれるあたりに、ゴマ豆腐のおみせがあり、そこでいただくことにしました。
d0079278_20383357.jpg

さりげなくだしてくださったおかきもおいしかったです。
お店のおかみさんは、「八大龍王さまにまもってもらっているからね~」と、おっしゃっていました。お店にもお客さんがもってきてくださったという写真や絵が飾られていました。
d0079278_20395145.jpg
d0079278_2040538.jpg
d0079278_20402344.jpg

ごろごろ水という名水100選にえらばれたという湧き水があるので、そこまでいってみることにしました。ごろごろ水というのは、湧き水で、大峯山の修行するひとびとを潤す大事な水だそうです。ごろごろという音がするので、其の名前がついていたそうですが、その音がするのは鍾乳洞があるからだと、調査されて、五代松鍾乳洞が発見されたそうです。
以前は、湧水地点が混雑して大変だったので、汲みやすい場所まで水を引いてきています。
車でポリタンクにいくつも汲んでかえられる方が大勢でした。
d0079278_2045131.jpg
d0079278_20452632.jpg

五代松鍾乳洞にいくには、面不動鍾乳洞にいくときにみかけた、あの乗り物に乗ってしかいけないようです。(かなり急勾配でこわそうです。。)
d0079278_20465453.jpg

かなり冷えたので、水汲みのふきんのごろごろ茶屋で名水珈琲と葛餅をいただきました。
d0079278_20475813.jpg
d0079278_20481397.jpg

名水の指定をうけるときまりができるのか、「ごろごろ水をつかった飲み物です」と表記することはできないそうです。
お水ものんでみました。とても、まろやかで、おいしいお水でした。

折り返して、とおりすぎたところに立ち寄りました。
蟷螂の窟(とうろうのくつ)という、行をおこなうところです。
d0079278_20505137.jpg
d0079278_2051611.jpg

d0079278_2052238.jpg
d0079278_20524287.jpg

d0079278_2053444.jpg

洞窟に入っていく行者の姿が、ひじで這って行くので、かまきりににているから、この名前がついたそうです。

女人の修験道の道場になる七尾山本堂。
d0079278_205646100.jpg
d0079278_2057268.jpg
d0079278_20571240.jpg

本殿に上がる前はお塩でお清めしてから入りました。
神社のお供えと仏教の法具が一緒においてありましたので、光明真言とひふみの祝詞を奏上させていただきました。
この右手から、数々のお堂がならんでいる山道をのぼっていくようです。
d0079278_20592377.jpg
d0079278_20594677.jpg

看板によると、神様仏様がいっぱいおわしますところのようでした。
d0079278_2153467.jpg
d0079278_2154957.jpg

d0079278_2163436.jpg
d0079278_217171.jpg
d0079278_2172679.jpg
d0079278_2175810.jpg

そして、行きに気になっていたお豆腐やさん。その場でいただけるところがあったので、いただきました。お水のおいしいところは、お豆腐もおいしいですね。
d0079278_211334.jpg

帰り道、お世話になったガソリンスタンドでごろごろ水のひょうたんのかわいいのがいろいろおいてありました。燕は職場のおみやげにいろいろ買って帰りました^^
(重いので、また宅急便をおねがいしました)
かわいいデザインなので、また明日ご紹介しますね。

バスも時間前にきて、駅まで早く送ってくださいました。
奈良はしーか、なんだねw
d0079278_2143189.jpg


電車も特急の座席が取れて、のんびりすわってかえることができました。
かえりに、おなかがすいたので、梅田駅の構内にあるおすし屋さんにはいりました。
燕の注文したのは、「ふぐの白子」と「いか」。わたしは「鯛」と「ひらめ」。
このとき、ふっとおもいだしたのです。
朝、天河大弁才天社の宮司さんのことば。
「きょうは、水晶のような白いものを食べると、よいでしょう。」
。。。きょう口にしたものは、わらびもち・ごまどうふ・とうふ・そして、この白いお鮨。。。
意識せずして、そのようなものを口にしていたのでした。
なにごとも、スムーズに、快適で、こころゆくまでたのしみきった旅をさせていただきました。
ありがたいことです。

みてくださって、ありがとうございます。
あすはおみやげをアップしますw
そろそろ京都の旅も。。。w
それでは、またあした^^

写真気に入っていただけたら、ぽちっとクリックおねがいしますね。投票に参加してみています。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitaum | 2007-12-15 20:54 | 風景

天川 -洞川の昔話いろいろー

あそびにきてくださって、ありがとうございます。

きょうは、洞川の昔話をいろいろと、龍泉寺のおさんぽ写真の2つ記事をアップしています。
どうぞごゆっくりです。

洞川昔話・伝承

1)「いにしえの女人道」
 大峯参りは龍泉寺の水行場で身をきよめることからはじまる。
 今では、だれでもとおれる寺前道も、昔は修験道の行場である寺の境内に含まれていたので、女人は寺の裏山を通って行き来したという。いつからか女人道とよばれるようになった。
(龍泉寺って、そうだったんだ!と、いまさらながら気がつきました。。w ということは、のんびりあるいた自然遊歩道が女人道だったんだね。)

2)「洞川八幡宮」
 これは、前の日記にアップしてあるとおりです。

3)「龍の口伝説」
 これもおなじく。
 (この伝説は、日本昔話のパターンとしてときどきみられるものだよね。たつのこ太郎もこの種の伝説が元になってかかれたものだろうね。)

4)「六剣淵とのたれ岩」
 龍泉寺の前を流れている川の淵に大蛇が住み着いてひとびとを困らせていた。そこで、役の行者は大蛇に六本の剣を打ち込んで退治しようとした。傷を負った大蛇は上流ににげておおきな岩のところでのたうちながら倒れた。大蛇のいた深みを「六剣淵」、大蛇のたおれた大きな岩を「のたれ岩」とよんだ。

5)「弘法大師と三鈷の松」
 大峯山で修行していた弘法大師が千本の尾根と千本の谷がある場所を開山しようと考えていた。場所をさがすため、仏具の三鈷をなげたところ、小泉川のあたりの松ノ木のてっぺんに落ちたが、そこは999の尾根と谷しかなく、一本足りなかった。もう一度投げたところが高野山の奥の院である。松がなくなった今でも、このあたりを三鈷の松とよんでいる。

6)「黒門と貝初(延命)地蔵」
 むかし、大峯まいりの行者は、蟷螂の岩屋で体を清めたあと、黒門をとおって、大峯にむかったという。その折、ほら貝をふいて、この地蔵尊にまいったので、「貝初地蔵」と呼ばれるようになった。この黒門が大峯参りの始まりにあたるので、このあたりには記念碑が多く見られる。

7)「名水ごろごろ水」
 古くは、「仏水秘水」とよび、大峯参りの行者がのどをうるおした。
この前を通ると、一瞬の涼しさを感じるとともに、岩のあいだからごろごろという音がきこえた。いつしか地元のひとびとはごろごろ水とよぶようになり、今日まで大切にまもってきた。いまではすばらしい名水として、多くのひとたちにつかわれている。

8)「鬼の宿」 
 昔、役の行者の教えをまもった後鬼は、ここ洞川に住み着き、大峯山をまもったといわれている。そのため、洞川は「後鬼の里」といわれている。
鬼の宿では、節分の日には、「足を洗うたらい」と「樽酒」そして「尾頭つきのいわし」のお膳を用意して、鬼をむかえたという。今でも八月の行者まつりには大峯山のご神火とともに役の行者と鬼をお迎えしている。

9)「頭屋(十夜)の宿」
 洞川には、十夜という行事がある。八月二日の夜、寺でお勤めがあって参加した子供には、まめ(健康)になるようにと煮たそらまめをひとつかみづつあたえた。その後、寺でのお勤めはなく、煮たそらまめだけを民家であたえるようになった。いまでは行者まつりの火にお菓子を配っている。その家を「頭屋(十夜)の宿」といっている。

10)「タマンダーラ伝説」
 「朝日さし、夕日照りそう三つ葉つぎのその下に小判千両後の世のため」という歌が洞川に伝わっている。この先をいくと面不動の洞窟があり、そのあたりをタマンダーラという。
ここに小判千両を埋めたことを歌ったもので、多くの人が掘ったが、いまだみつかっていない。

昔話、伝承って、その土地ならではのお話で、おもしろいよね。
知ることができてよかったな~っておもいました。

気に入っていただけたら、ぽちっとクリックおねがいしますね。投票に参加してみています。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitaum | 2007-12-13 18:40 | 風景

天川 -龍泉寺のお不動さまや龍たちー

引き続き、龍泉寺の散歩です。

境内には、不動明王さまを示す剣と、おつきの童子。
d0079278_1854286.jpg

d0079278_1861379.jpg

不動明王さまの右(向かって左)に制多迦童子(せいたかどうじ)、左(向かって右)に矜羯羅童子こんがらどうじ)を配置されています。
矜羯羅童子は童顔で、合掌して一心に不動明王を見上げる姿に表わされるものが多く、制多迦童子は対照的に、金剛杵(こんごうしょ)と金剛棒(いずれも武器)を手にしていたずら小僧のように表現されたものが多いそうです。

不動明王さまは、見た目はこわいけれど、やさしくいっても聞く耳をもたないひとびとをなんとしてでも救おうと大日如来さまが化身されたお姿なのです。
「降魔の利剣が 煩悩を断ち切り 業火の不動炎が 諸悪を焼き尽くす そして 左手の索(縄です)で 人々を救い上げ 幸福へと導く。」と言葉が添えてありました。
心強いですね。。。
d0079278_18103758.jpg


こちらは役の行者さまかな。。
d0079278_18114152.jpg

鬼の守りがついておられます。
d0079278_18121080.jpg
d0079278_18122169.jpg

こちらの鬼さんは、荷物を背負っています。
d0079278_18125875.jpg

お堂のなかには、一日山伏修行のスケジュールがありました。
d0079278_18134465.jpg

隣に八大龍王堂がありました。
d0079278_18144420.jpg
d0079278_1815053.jpg
d0079278_18151546.jpg

高野山でも熊野でも伊勢でも、ここでも感じたことなんだけれど、山に近いところって、龍の雲が産まれやすいのかな。。?しょっちゅう、くねくねと空を飛んでいるというか、泳いでいる?w
ところをみかけました。
また空の写真は、まとめてアップしますね。

d0079278_18175152.jpg

d0079278_18182163.jpg

d0079278_18235710.jpg

d0079278_18244724.jpg

澄み切った池に浮かぶ紅葉。。
d0079278_18191414.jpg

岩龍さんも水をだしていました。ここでも、滝の行をするようです。同じ立て札が立っていました。
d0079278_18202471.jpg
d0079278_18204546.jpg
d0079278_18205827.jpg

みまもって・はげましてくださっているのでしょうね。。
d0079278_18212757.jpg

d0079278_18214743.jpg

参拝しおわると、おおきな鷺がくる~り、くる~り、上を旋回していました。
d0079278_18223295.jpg
d0079278_18224197.jpg
d0079278_1822518.jpg
d0079278_1823685.jpg
d0079278_18232292.jpg


みてくださって、ありがとうございます。
きょうはここまでです。
つづきは、またあした^^

写真気に入っていただけたら、ぽちっとクリックおねがいしますね。投票に参加してみています。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitaum | 2007-12-13 18:26 | 風景

天川 -龍泉寺の紅葉ー

あそびにきてくださって、ありがとうございます。

天川3日目、遊歩道をくだっていくと、不意にあらわれました。
d0079278_17283486.jpg
d0079278_17284687.jpg
d0079278_1729414.jpg
d0079278_17291420.jpg

ちょろちょろ水がながれていますが、注連縄がはってあって、小屋になっています。
d0079278_17293147.jpg

d0079278_17302172.jpg
d0079278_17304545.jpg

ここで滝業をするのですね。。
d0079278_17312212.jpg
d0079278_17313559.jpg
d0079278_1731525.jpg
d0079278_17323726.jpg

やや。。。池があります。
d0079278_17332715.jpg
d0079278_17334486.jpg
d0079278_1734356.jpg
d0079278_17341874.jpg
d0079278_17343360.jpg
d0079278_17344947.jpg

澄み切った水面に浮いた紅葉が、そのままのかたちで、そっと滑るように移動していました。
きれい。。。><
d0079278_17363093.jpg

この池は、龍の口の泉だそうです。
d0079278_1737575.jpg
d0079278_17381032.jpg


みてくださってありがとうございます。
つづきはまたあした^^

写真気に入っていただけたら、ぽちっとクリックおねがいしますね。投票に参加してみています。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitaum | 2007-12-12 17:39 | 風景

天川 -かりがね橋付近ー

あそびにきてくださって、ありがとうございます。

自然遊歩道をのんびりあるいていると、10時か10時半ごろ、「プォ~~」「ぼぉ~~」というホルンのような高い音と低い音が2つきこえてきました。山の間を響き渡る。。。あ、ほら貝の音だ!

枝の間からは、始終龍みたいな雲が覗いています。
d0079278_15325138.jpg
d0079278_15333666.jpg

「かりがねばしってどっちでしょう~?」と前から来た女性二人にきかれました。
「まっすぐいったらそろそろだとおもうんですけれど。。」とこたえてすすむと、その角をまがったらみえましたw
d0079278_15353583.jpg
d0079278_15354999.jpg
d0079278_1536997.jpg
d0079278_15362522.jpg
d0079278_15363894.jpg
d0079278_1537873.jpg
d0079278_15372068.jpg
d0079278_15373573.jpg
d0079278_15374667.jpg

足元は板なので、すけてみえないのが、みたらい渓谷のつりばしとちがって、怖くないです。
ところどころカメラ用にか、まるく網に穴が開いていました。
一度わたって、ひきかえし、龍泉寺をめざします。

舞い落ちる瞬間の葉っぱもかわいい。
d0079278_15404973.jpg
d0079278_1541326.jpg
d0079278_15411654.jpg

こもれびに、やさしく輝く葉っぱたち。
d0079278_1542859.jpg
d0079278_15421978.jpg
d0079278_15423831.jpg
d0079278_15425444.jpg
d0079278_15431040.jpg
d0079278_15432189.jpg
d0079278_15434525.jpg
d0079278_15435580.jpg
d0079278_154444.jpg
d0079278_15442262.jpg


みてくださってありがとうございます。
つづきは、またあした^^

写真気に入っていただけたら、ぽちっとクリックおねがいしますね。投票に参加してみています。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitaum | 2007-12-11 15:45 | 風景


散歩中にみつけたすてきなものたちを写真で紹介していきます。心にひびくものがあればコメントいただけるととてもうれしいです。よろしくおねがいします。 リンクの月下 燕は私の夫の読書と写真のブログです。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。
タグ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
「麻田浩 展」(京都国立..
from I my me galler..
The winter Q..
from 記憶の片隅で  A day ..
アンサンブル・プラネタ
from 1-kakaku.com
オレンジ
from フルーツ|フルーツ館
不思議だなーっ。自然の造..
from ポビーの日記
ツルボ  ユリ科
from Flower Photo*2..
『む』 無花果 むか‐か  
from いつでも・どこでも・だれとでも
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧